独自性のある発酵素材開発 取扱原材料

有効成分を生み出す製造方法としての発酵技術により、単純素材から付加価値素材にすることを得意としております。

化粧品原料CELABIO®

バチルス/(コメヌカエキス/ダイズエキス)発酵液

大豆抽出物と米ぬかを納豆菌で発酵させ、動物由来プラセンタエキスに匹敵する細胞賦活作用をもち、かつ安全性の高い植物性素材の開発に成功しました。

CELABIO®の特徴

  1. 非常に安全性の高い植物性天然素材です。
  2. 優れた細胞賦活作用があります。
  3. コラーゲン産生を促進します。
  4. ヒト試験にて抗シワ効果を確認しました。
  5. 他素材との併用による相乗効果を確認しました 。
    レチノールとの相乗効果(特許第4945556号)
    大豆ペプチド、シルクペプチドとの相乗効果 (特許第4945692号)

CELABIO®のネーミング由来

CELL(細胞) + THERAPY(セラピー・治療) + BIO(バイオ)

細胞と細胞の間には必ずコラーゲンがあり細胞同士を繋いでいますが、このコラーゲンは、線維芽細胞で生産されており、この細胞が重要な役割をしています。またコラーゲンは身体の中で様々な役割をしていますが、皮膚のコラーゲンは、お肌をみずみずしく保ち、ハリを与え、様々なトラブルを起こしにくくするという作用があります。しかし残念なことに、加齢とともに線維芽細胞やコラーゲンも老化し、新しいコラーゲンを作ろうとする機能が衰えてきます。そこでCELABIO®は線維芽細胞の増殖と、コラーゲン産生を促進することによって、肌のトラブルを改善します。コラーゲンが少なくなると、皮膚を支えていた鉄筋がなくなり、シワやたるみが生まれてきますが、CELABIO®によってそれらの老化現象が改善され、みずみずしくハリのある肌を取り戻すことができるのです。CELABIO®は老化からお肌を守り、皮膚や細胞をとりまくコラーゲンの新陳代謝を高め、細胞の新陳代謝をも活発にする、いわば機能性化粧品原料なのです。

実験結果

CELABIO®の細胞賦活作用(プラセンタとの比較)

ヒト線維芽細胞を用いた細胞増殖試験の結果、CELABIO®は植物由来成分でありながら、細胞賦活作用を有することが広く知られているプラセンタエキスより高い活性が認められました。

 

 スクリーンショット 2015-02-02 9.04.25

CELABIO®のコラーゲン産生促進作用(ビタミンC誘導体との比較)

高いコラーゲン産生促進作用を有することで知られているビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルMg)より高い産生促進作用が認められました。

 

スクリーンショット(2015-02-02 8.42.32)

CELABIO®の臨床試験①(皮膚科クリニックにて実施)

<試験方法>

20代から50代の男女11名(うち女性10名、男性1名、2名のアトピー性皮膚 炎疾患者を含む)に、CELABIO®配合化粧水(固形分濃度0.4%)を約2ヶ月 間連用し、肌の改善効果を観察しました。

<結果>

連用前は皮溝・皮丘が見られない箇所もあったが、連用2ヵ月後にははっきりとした皮溝が見られキメが改善しました。

 

CELABIO®の臨床試験②(外部試験機関にて実施)

<試験方法>

30代から50代の女性被験者8名に6週間連用してもらい、目じりのシワについて改善評価を行いました。

右目周辺にCELABIO®配合化粧水(固形分濃度0.4%)を連用し、左目周辺には非使用とする左右の比較により実施しました。

<結果>

目じりのシワの「シワ体積率」と「シワ個数」について全ての被験者に改善が見られ、数値解析を行ったところ、有意に改善されていることが分かりました。

スクリーンショット(2015-02-02 8.43.24)

スクリーンショット(2015-02-02 8.43.30)

PAGE TOP

製品に関するお問い合わせ・ご相談