独自性のある発酵素材開発 取扱原材料

有効成分を生み出す製造方法としての発酵技術により、単純素材から付加価値素材にすることを得意としております。

食品原料IMMUNOL

酢酸菌発酵物

果実(柿)から単離した酢酸菌を植物由来原料を用いて発酵した素材で、免疫賦活作用により花粉症やアレルギー症状を抑制します。また、線維芽細胞の増殖、ヒアルロン酸の産生促進により、美容効果もあります。

IMMUNOLの特徴

免疫バランス ~自然免疫力を活性化~

IMMUNOLの有効成分のひとつであるリポ多糖(リポポリサッカライド:LPS)は、酢酸菌をはじめとするグラム陰性菌の細胞壁構成成分であり、体内の免疫バランスを正常化し、自然治癒力や皮膚の新陳代謝を促進させる効果が期待できます。

IMMUNOLを摂取することにより、食細胞であるマクロファージが活性化されます。

乳酸菌との併用で、相乗効果によるさらなるマクロファージの活性化が期待できます。

 

免疫バランス~アレルギー体質の改善~

IMMUNOLはIgE抗体依存型のアレルギー(Ⅰ型アレルギー)を抑制する効果があり、特に花粉症やアトピー性皮膚炎の症状の抑制効果が期待できます。

 

線維芽細胞活性化~美容効果~

IMMUNOLは、線維芽細胞における増殖促進作用およびヒアルロン酸産生促進作用があります。

 

LPSによる免疫活性化のメカニズム

 IMMUNOLに含まれるリポ多糖(LPS)は、マクロファージ等の細胞表面にあるToll様受容体(TLR; Toll-Like Receptor)4を含む複合体によって認識されます。その後、様々なシグナル伝達を経て活性化した転写因子であるNFκBやIRFが核内へと移行し、TNF-αやインターロイキン(IL)など免疫系において重要な役割を持つサイトカイン遺伝子の発現を誘導します。一方、免疫賦活成分として有名なβグルカンやペプチドグリカン、乳酸菌などはTLR2を介して同様の伝達が行われます。マクロファージの活性化の指標となるNO産生能は、βグルカンなどと比較して1000~10000倍の活性があることが分かっており、LPSは免疫活性化を効率よく誘導します。また、LPSによる免疫活性化は、自然免疫とTh1を中心とする細胞性免疫であり、Th2への分化は抑えられるため、アレルギーを結果的に起こりにくくすると考えられます。

酢酸菌発酵物

 

LPSによる美肌効果

 肌に存在するランゲルハンス細胞は、マクロファージに近い樹状細胞の一種で、皮膚の外部からの外敵に反応してサイトカイン等を産生する免疫細胞の一種です。ランゲルハンス細胞の産生するサイトカインには、抗炎症サイトカインIL-10、TGF-βがあり、過剰な免疫反応を抑え、皮膚の炎症を抑える働きとなります。一方で、線維芽細胞を刺激し、ヒアルロン酸の産生を促進する因子を産生することで、皮膚の水分を保ったり、バリア性を保ったりする働きをすると考えられています。

 LPS、βグルカンなどの免疫賦活成分は、同様にランゲルハンス細胞を刺激し、サイトカインを産生することで、炎症を抑え、皮膚を正常に保つ効果があると考えられます。

 酢酸菌発酵物

実験結果

自然免疫活性化能(マクロファージ活性化能)の評価試験

<試験方法>

任意の濃度に調製したマクロファージ細胞株(J774.1, RAW264.7)の培養液中に、グラフに示した濃度となるようにIMMUNOLを加えインキュベートした。

貪食活性は、PE標識ポリラテックスビーズを添加後、細胞を回収し、フローサイトメーターにより貪食の評価を行った。

またNO産生能は、細胞上清にグリース試薬を加え室温でインキュベートした後、OD 550nm/668nmを測定し、亜硝酸イオン濃度として算出することで評価した。

<結果>

IMMUNOLの投与において、濃度依存的に貪食活性能及びNO産生能の増加が確認された。

乳酸菌殺菌体との併用によるマクロファージ活性化

<試験方法>

8×105細胞/mLに調製したマクロファージ系細胞(RAW264.7)を100μLとり、6時間前培養した後、陰性対照群には培地100μLのみを、単独群(IMMUNOLまたは乳酸菌加熱殺菌菌体のみ)には各溶液と培地を50μLずつ、併用群(IMMUNOLと乳酸菌加熱殺菌菌体の同時添加)にはそれぞれ50μLずつ、グラフに示された最終濃度となるように添加した。24時間の培養後、Griess法により亜硝酸イオン濃度としてNO産生能を評価した。

乳酸菌加熱殺菌菌体:

(A) ヒト由来乳酸球菌Enterococcus faecalis

(B) ヒト由来乳酸桿菌 Lactobacillus paracasei

相乗効果倍率=(混合時の実際の亜硝酸イオン濃度)÷(IMMUNOL単独+乳酸菌単独での亜硝酸イオン濃度の合計)  1超えで相乗効果有り。

<結果>

図のオレンジ色で示したバーの部分の濃度範囲において、相乗効果が確認できた。この範囲は、乳酸菌加熱殺菌菌体(A)ではIMMUNOLが低濃度となるとき、(B)では乳酸菌が比較的低濃度となるときに見られた。これらのことから、低濃度同士での組み合わせにおいて相乗効果が見られやすいことが推測された。

immunol_3

マウスによる花粉症抑制効果の評価試験

<試験方法>

スギ花粉で免疫させたBALB/cマウス(雄)20匹にアレルギー症状を誘発させた後(2次免疫後)、IgE抗体価と体重が均一になるように10匹ずつ2群に分けた。IMMUNOL投与群ではLPSとして0.1μg/kg体重/日となるように調製した水で与え、もう1群は蒸留水を自由摂取とした。群分け1週間後から1週間連続して経鼻感作させた後、最終日に30分間の鼻掻き回数及び鼻こすりつけ回数を測定した。

<結果>

IMMUNOL投与群では、非投与群と比較して鼻かき回数及び鼻こすりつけ回数が有意に減少した。

immunol_4

皮膚アレルギーに対する抑制効果

<試験方法>

抗DNP IgE抗体で受動感作させたマウスの耳介部にDNFBを塗布し、アレルギー反応を惹起させた後、経時的に耳介の厚さを測定した。また3日(72時間)後, 5日(120時間)後には好酸球数も測定した。IMMUNOLは、アレルゲン塗布3時間前および塗布後1~5日目の間に11.1mg/kg体重/日となるようにゾンデで経口投与した。マウスは1群あたり10匹で行なった。

<結果>

IMMUNOL投与群では、非投与群と比較して即時型のアレルギー反応(1時間後及び3時間後)が有意に低下した。また遅延型アレルギー反応(72時間経過時)も抑制する傾向が見られた。

immunol_5

自然免疫活性化(マクロファージ活性化)による美容作用

<試験方法>

IMMUNOL-COを免疫細胞マクロファージに加え、24時間培養した後、その培養液を線維芽細胞に加えて培養し、線維芽細胞の増殖率およびヒアルロン酸産生量を測定した。比較としてマクロファージに対する刺激をせずIMMUNOL-COのみを加えた場合も測定した。

<結果>

マクロファージに対する刺激をせずIMMUNOL-COのみを加えた場合でも線維芽細胞増殖促進作用およびヒアルロン酸産生促進作用が確認され、これらの作用は免疫細胞マクロファージの活性化によりさらに向上することが確認された。これらの結果からIMMUNOL-COは免疫活性化により肌のターンオーバーを促進することでの美容効果が期待される。

PAGE TOP

製品に関するお問い合わせ・ご相談